フケの原因とヘアケア対策は?

フケの原因とはいったいどのようなものなのでしょうか。
ヘアケアをしてもフケがなくならないと悩んでいる人も多いと重い枡。
そもそもフケとはいったい何なのでしょうか。
これを知らないと対策のしようがないと思います。
まず、フケという物質ですが、これは古くなった皮膚が剥がれたものです。
日焼けをしたときには皮がむけると思いますが、これと同じようなものだと考えられます。
古くなった皮膚が剥がれる事によって、これがフケとなるのです。
つまりフケが生じているという事は、新陳代謝が正常に行われているということになるのです。
皮膚の新陳代謝は頭皮だけではなくて、体中で行われています。
垢というものは古くなった皮膚が剥がれたものなのですが、これが頭皮の場合には髪の毛があるために垢という形にはならず、フケとなるのです。
フケ症というのは、普通の人よりも新陳代謝が激しいことが原因であると言えるでしょう。
つまり古い頭皮がすぐに新しいものへと生まれ変わっていると言えます。
しかしこれには2種類あって、一つはただ新陳代謝が良くて健康な頭皮であるという事が挙げられます。
この場合はヘアケアよりも髪を洗う回数を増やす事で対処できます。
もう一つは頭皮が何らかのダメージを受けることによって、これを守ろうとするために頭皮で何らかの反応が起こり、それによって新陳代謝が活発になっている場合です。
この場合には、そのダメージの原因を取り除く事が、ヘアケアとしては最も重要な事であると言えるでしょう。
白髪染め効果ある?色落ちどう?【男性・女性用の違いは?】