針治療体験にはどんなのがある?

針治療を行う治療院はたくさんありますが、あなたは、どこかの治療院に通っていますか!?一度も針をしたことのない人にとっては、ちょっと不安な気持ちになりますよね。

インターネットなどで針治療の体験談が沢山ありますが、それらを読んで感じたことを書いてみましたので、参考にしてみてください。

誰でも針治療は、痛いものだと思っていることでしょう。

しかし、それほど痛くはないんですよ。

実際に、そんなに痛くなかったと言う感想があります。

もちろん、裁縫の針は、痛いのですが、針治療の針はもっと細くて先端が丸くなっていることで、そんなに痛くないと言います。

針を打つと、最初はだるい感じがします。

それから、じわじわと効いてくるような感じになります。

ぎっくり腰などのように激しい痛みがある場合は、即効性のある治療が行われます。

それが針治療の効果と言うことになりますね。

針治療では、体の中の血の巡りをよくすることで治療しようと言います。

それで西洋医学から見た時においては見えるものを治していくのに対して、東洋医学は目に見えないけれども感じていることを治すと言います。

そんな感じですね。

針治療が慣れた人の場合、何度も通院しています。

針を打った当日は少し、体がだるくなります。

肩こりとか、腰痛で悩んでいる場合は、針治療を考えてみませんか!?不妊の治療などにも針治療が行われています。

リラックスする事が体全体の調子を整えてくれます。

当院でオステオパシーを受けたお客様の声

整体中は、ついケーキなどの糖分の多いものを食べたくなるものですが、ここはぐっとその気持ちを我慢するべきです。

食べてしまったら、体重に出てしまうからです。

もしどうしても食べたくなってしまったらカロリーが低い整体用のケーキを作ることをお薦めします。

本格的な複式呼吸を習得すれば、基礎代謝を上げられるとのことです。

おろし生姜を入れたお湯を飲んだり、身体をほぐすストレッチ体操をしたり、ゆっくり半身浴をしたり、代謝を上げるのもかなり大がかりだなと思っていた矢先だったので、まずは呼吸方法を取得して、いつでも手軽に代謝を上げたいと考えます。

整体中のおやつは絶対ダメです。

仮に食べ物が、仮にスナック菓子などではなかったとしても、食べる=太るという事実を忘れないでください。

我慢のしすぎも悪いですが、朝食、昼食、夕食の三食をきちんと食べて、あとは食べたい欲求をコントロールできるように体質を変えていきたいですね。

整体する上で重要なのは息の上がる程度の運動と筋トレです。

有酸素の運動で特に使われている筋肉は遅筋で、筋肉トレーニングで使うのは速筋が鍛えられます。

遅筋は筋が肥大しにくく、見た目にマッチョになりにくい筋肉です。

遅筋と速筋を同じように鍛えると、バランスの良いスタイルが少しづつですが近づくと思います。

有酸素運動は20分以上持続しないと効果が見られないといわれてきましたが、今は、休まず運動しなくても20分を超える時間を運動していれば効果があるのではないか?といわれています。

それとは別に、筋トレのほとんどは筋肉内のグリコーゲンでエネルギーを生み出す運動ですが、継続する軽い運動、短い時間に行うハードな運動を交互い行うことでそれぞれの効果をアップすることが良い結果を生むはずです。

整体といえば有酸素運動が良いといいますが、有酸素と無酸素の違いといいますか、境界線がわかりません。

普通、息は上がるけれど、汗をかくほどではないというのが違いのようです。

しかし、発汗の状況は季節によっても変わりますよね。

もっとはっきりとした区別の仕方がわかると整体がしやすくなると思います。

整体をすすめていると結構、厳しい食事制限を立ててしまう人もいますが、食事を取らないなどの無理な減量は禁物です。

整体をしていても胃がカラになってしまったら無理をせずに召しあがってください。

とにかく、低カロリーのものを頂くようにすれば急に体重が増えたりすることもありません。

目的を持って歩くことによって痩せることの注意点は、必ず続けて40分以上歩く事です。

ウォーキングのような酸素をとり入れる運動で、燃焼し始めるのは、約30分後から始まります。

10分や20分程度歩く事では、脂肪を燃焼する事はできず、整体のできばえかかなり薄くなってしまうので、注意する事が大事です。

職場の人とのコミュニケーション上のストレスで、ここ最近、自分でも怖くなるくらいに過食しています。

ほっぺたにや、顎や、二の腕、お腹周りにもお肉がついてぷよぷよで、どうにかして痩せたいと考えているのですが、なかなか、運動する暇がありません。

こんな時に、簡単にスリムを手に入れる薬があったらいいのになって思います。

苦労しないで、飲むだけでスリムになる薬があったなら、1万でも2万でも出す決心はついていますね。

それくらいせっぱつまった思いです。

整体を失敗させないためには有酸素エクセサイズが欠かせません。

エアロビクスプログラムにより体内の残存している脂肪が燃え始めるので、体重を落とす事ができます。

実際、タフな筋肉トレーニングをやっている人もいますが、トレーニングがハードで途中で投げ出す場合も多々あるで無理しないことが大切です。

炭水化物を減らすやり方で減量を試みたことがあります。

よく噛んで、ちゃんと満足度を得ようとしたけど、きつかったです。

生粋の日本人ですから、たまには、ガツンと白いごはんを食いたくなります。

なので、今現在は、炭水化物の摂取は夜だけは控えますが、朝と昼は何も気にせずに、ちゃんと食べるようにしています。

体重を減らそうと思っても続かないという場合は、整体できたという方の体験談を聞くことをおすすめします。

インターネットの噂などは信憑性に欠けると思うので、可能ならば身近な方のエピソードを直接聞いてみるといいでしょう。

成功体験を知ることでやる気が上がります。

これさえ食べておけば絶対痩せる!なんて食べ物はありません。

ただし、カロリーが低いものや、食物繊維が多く含まれていて、お通じに良いものは整体、痩せるのに効果がありますよね。

特に、野菜やきのこ類、海藻類をたくさん摂取すると、整体効果があると言われています。

また、体重が増えそうな食べ物を控えなければなりません。

歳と共にだんだんと体がたゆんできました。

減量するためには運動と食事の管理が一番だとは思いつつなかなか時間が確保できずに実施に移せませんでしたが、この間、久方ぶりに体重計にのってみてものすごくビックリしてしまいました。

まずは無理なく運動に取り組むために、日々の交通手段を歩きに変えることから始めてみました。

これで少しでも細くなると嬉しいです。

私は子供の誕生後、増えた体重とぶよぶよのおなかを元に戻すために、整体と一緒に生まれてこのかたしたことがなかった筋トレをしました。

100%母乳で子供を育てていたので、予定どおりに整体はできなかったのですが、筋トレは一生懸命やりました。

その結果、半年ぐらいでほぼ元のスタイルに返り咲くことができました。